― 春の雨降る ―


★ 乱れ打つ鼓動は秘めて向けらるる非難を前に熱き茶を飲む

★ 夢破れ移り住みたる小倉にて再びの夢持ちて旅立つ

★ 肝心な事切り出せず向き合いて冷めたるコーヒー一息に飲む

★ 解決のめど付かぬまま別れ来て星なき空に細き月見る

★ 身に余るものは捨つべし音たてて青き柿の実足元へ落つ

★ 笑うまま泣きたるままに苔むせる羅漢に細き春の雨降る

★ しとど降る雨を集めて逆巻けり紫川は勢い増しつつ

★ 夏旅に誘うポスター雑踏の流れの中に歩を止めて見る

★ 頂の先は見えざる急坂を息切らしつつ夏雲めざす

★ 悔いひとつ持ちて見上ぐるビル街のいびつな空に昼の月浮く

★ チャップリンの笑いの後の淋しさよ画面を独り膝抱きて見る

★ 地雷踏み足失いし幼らの澄みたる瞳の声なき声聞く

★ 我が腕に頭を乗せて眠りたる猫の温とし秋の深まる

★ この猫もまた淋しきか払いても払いても尚膝に乗り来る

★ 花残る幼きキュウリを手にもげば命みずみずと棘の触れくる

       
   小倉南区の案内